Welcome to my blog

田島裕也Official Blog

Article page

後日談

Category - ブログ
成人の日に書いた記事:「二十歳の頃」には、後日談があります。


あれから時が経ち、

30代の頃、私は自分のルーツを知りたいと思い、家系を調べていた時期がありました。

そして、亡くなった祖父の家を訪れた際に、祖母に昔の写真を見せてほしいとお願いしました。


そこには、初めて見る若かりし頃の祖父と祖母や、幼い母の姿がありました。



そして、衝撃の一枚を発見します。



神社の前で、軍服を着て直立する祖父、そっと側に寄り添う祖母、万歳している周りの人々。



そこに写っていたのは、まさに出征時の祖父の姿だったのです。



それは、今まで映像や本の中でしか知らなかった戦争を、初めて生々しく身近に感じた瞬間でもありました。


今まで私の知っていた祖父は、

身内が言うのも何ですが…、

威厳がありながらも常に温厚で、凛として品格のあるカッコイイおじいちゃんでした。



壮絶な戦場を生き抜いた祖父は、あの優しかった眼差しの奥に、何を思い生きてきたのだろう…



戦場から生還した人達の大勢が「自分だけ生きて帰ってきてしまって申し訳ありません」という自責の念に駆られたと言います。


私にたった一度だけ口にした戦争体験…

あの時の祖父の心を思うと胸が苦しくなります…



祖父は心穏やかに逝けただろうか…



私達は今、戦争を感じることのない平和な時代に生きています。

しかし、

この平和は、悲惨な戦争で散っていった無数の命たちの上に築かれていることを忘れてはいけないと思うのです。

彼らだって私達と同じように、やりたいことや夢がたくさんあったでしょう。


戦争を経験した全ての人がいろいろなものを犠牲にしました。

その中で必死に命を紡ぎ、今があるのです。


この平和がいつまで続くかはわかりません。


ただ、今の私たちが彼らに報いることができるとするならば、


それは、


人生をおもいっきり楽しみ、今ある生を懸命に生き抜くことではないでしょうか…

Category - ブログ

0 Comments

Post a comment